☆ 2ヶ月児のおはなし ☆

赤ちゃんの予防接種がはじまりました。これから長い道のりですね。ぼちぼちでいきましょう。

ケン☆こどもクリニックでは今後予防接種の時に、その時に必要な医学面中心のお話をお渡しいたします。ご参考になれば、と思います。

 

まずは受診のことから。

受診のタイミングがわからないと思います。

基本的に、赤ちゃんの体調で不安な時は受診でよいです。まず電話相談でもよいですよ。

鼻がつまる、便が出ない、ぶつぶつができた、などが多いです。これらの場合危険なことはほとんどありませんので、受診は急がなくてよいです。

38℃以上の発熱、何度も吐く、呼吸がくるしい、元気がぜんぜんない、などは3ヶ月未満の場合は要注意です。早めに受診を。

色々経験しているうちに、だんだん受診のタイミングがわかってきます。

 

赤ちゃんのお肌の具合はどうでしょう?湿疹ができているお子さんが多いと思います。

湿疹が強いとかゆいです。機嫌も悪くなるし、眠りも浅いかもしれません。

湿疹の程度により保湿剤、ステロイド剤を塗り分けます。

ステロイド剤は適切な使用法をすれば物凄く有用です。使い惜しみも、使い過ぎも要注意。

塗り薬を使ってなるべくつるつるお肌を保つことが必要です。

かゆみのない生活をおくることも目的の一つですが、さらに大きな目的があります。

食物アレルギーの予防になります。

食物アレルギーは荒れた皮膚に食物がつくことで進みます。赤ちゃんの周りでは食べないから大丈夫、ではありません。寝室にも食物の微粒子があることがわかっています。

皮膚をきれいに保つことで食物アレルギーになりづらくなることは研究で分かってきています。

ご家族に食物アレルギーがある場合は、スキンケアにより気を付けた方がよいです。

 

百日咳という病気があります。そのワクチンは四種混合(次回の予防接種)に含まれています。

赤ちゃんが百日咳にかかると無呼吸になったり、脳症になったりする場合があります。命に係わることもあります。残念ながら赤ちゃんはまだ百日咳に対する抵抗力は持っておりません。

百日咳は世間にときどきいます。大人でも、小学生以上のこどもでも罹ります。原因なく咳が2週間以上長引く場合は百日咳の可能性があります。赤ちゃんの周りの人は咳に対する管理を十分お願いします。町中の買い物、散歩程度で感染することはまずないと思います。

以上生後2ヶ月のお話でした。

まだまだリズムがつかめないかもしれませんが、誰かに頼りながら、ぼちぼちいきましょう。

ケン☆こどもクリニック

前に戻る