7月12日

最近の流行のおさらい

各種感染症が混ざっています.。新型コロナはほとんどみません。

 

1. 夏かぜが残っていますが減ってきています。ヘルパンギーナ様、手足口病様、ウイルス性発疹様、せきかぜ、胃腸炎、咽頭扁桃炎など入り混じっています。小学生にも広がっています。

2. はなかぜで喘息様にせきが長引く児が多いです。

3. 高熱が続くせきのかぜは多いです。

4. 乳幼児の胃腸炎が流行しています。

5. 小学生にマイコプラズマ様感染症がみられます。

6. 気候が不安定なせいか、じんましんがときどきみられます。

 

 

 周囲に新型コロナの流行がない場合、発熱児でも院内で診察をしています。今のところ問題はありません。

 

 新型コロナは小児においてはかぜ程度です。検査は適宜行いますが、基本的にはかぜ同様の扱いにしていく予定です。静岡市も含め全国的に増えていますが、近隣では流行はなく、家族内感染をときどきみかける程度です。夏かぜが流行しているので新型コロナは今のところ多くない、というところです。

 

現在は感染対策、適宜コロナ検査をしながらの診療です。

最新流行状況

前に戻る(ホームページ)
前に戻る(予約システム)