前に戻る(予約システム)
7月20日

最近の流行のおさらい

 

 

1.    手足口病が中心ですが減ってきました。数年前のような派手派手なもので、1か月後に爪がはがれてしまうような例はみません。ほとんどの児が軽くみえるのですが、実は本来わからない軽症も園が見つけ出す、という状況と思います。

 冬場に熱がなくてもインフルエンザだ、などと言って隠れインフルエンザを見つけ、それがさも必要だ、などと言っている状況と似ています。害の少ない感染症は排除するのではなく、うまく付き合っていくことが必要です。水いぼも同様です。

2.    高熱の続く気管支炎が流行している園があります。

3.    胃腸炎は少し出ていますが流行ほどではありません。

4.    夏かぜはほとんどみません。

5.    はなかぜ、鼻副鼻腔炎〜軽め気管支炎が少しでています。

6.    突発性発疹が少し多いです。

7.    とびひが少し出始めています。

前に戻る(ホームページ)

最新流行状況