12月4日

最近の流行のおさらい

はなかぜが中心の診療です。

 

1.    はなかぜが小児全般に流行しています。赤ちゃんから園児まで延々と長引きます。気管支の弱い児はぜいぜい、強いせきを徐々に伴います。

2.    高熱の夏かぜ(アデノウイルス)が少し出ています。熱が数日以上続きます。

3.    溶連菌感染症が少し出ています。

4.    突発性発疹が多いです。

5.    マイコプラズマ感染症が少し出ています。

6.    おたふくが1名みられました。

7.    皮膚の乾燥性湿疹が増えています。

 

 

 

 新型コロナウイルス感染症は全国的に増えていますがピーク超えかもしれません。各自が感染対策をしっかりと行うことにつきます。

 

 島田市もぽつぽつと出てきています。3密を避けていくしかありません。

 

 静岡県の医療体制もひっ迫傾向です。高齢者が新型コロナに罹らないよう注意しましょう。

 

 インフルエンザは今のところ例年の100分の1程度の報告のようです。今のところはコロナのみ気にしていればよさそうです。

 

 静岡県の12/4現在は『警戒レベル4(県内警戒、県外警戒)』です。

http://www.pref.shizuoka.jp/kinkyu/covid-19-keikailevel.html

現状は今まで通り個人レベルでの警戒を継続するのみです。

前に戻る(ホームページ)

最新流行状況

前に戻る(予約システム)