3月5日

最近の流行のおさらい

全体的にとても落ち着いています。

 

1.    鼻、目のアレルギー(花粉症)が多いです。2歳からみられます。今年発症も多いです。

2.    はなかぜ、せきかぜが少し出ています。

3.    胃腸炎が少し出ています。

4.    高熱のかぜが少し出ています。

5.    皮膚の乾燥性湿疹が増えています。

 

 

 

 

新型コロナは落ち着いています。

引き続き変異株によるこどもクラスターに注意しながらの診療です。とはいっても感染を疑うきっかけは、こどもの場合は周囲の状況のみです。

 

 新型コロナワクチン接種は県内の医療従事者にも始まりましたが、末端の医療従事者への接種は具体的には示されておりません。

高齢者の接種のデモが2/28に行われ、流れの確認をしました。予想通り時間がかかる、ことの指摘がありましたが一人でも止まると一気に流れが止まる、という現実ですので、慣れるまではトータル予定数を少なくする以外手立てはないと考えております。何度か繰り返して実際的なものに煮詰まるのだと思います。日替わりで接種する側の人(チーム)が変わる状況でうまく連携が取れていくのでしょうか?

 

色々なことが遅れているのは確かですが、不確定要素の多いワクチン接種、年内に対象者にいきわたればいいかな、くらいの気持ちでいる必要があると思います。ワクチン接種に焦りは禁物です。トラブルに遭遇すると大きく足止めされてしまいます。慎重さと積極さのバランスが大事です。

 

 

静岡県の3/5現在は『警戒レベル4(県内警戒、県外警戒)』です。

http://www.pref.shizuoka.jp/kinkyu/covid-19-keikailevel.html

現状は今まで通り個人レベルでの警戒を継続するのみです。

前に戻る(ホームページ)

最新流行状況

前に戻る(予約システム)