9月30日

最近の流行のおさらい

 あまり代わり映えしません。

 

1.    RS、ヒトメタニューモによる高熱、せきのかぜは少し出ています。

2.    手足口病は少し出ています。

3.    胃腸炎は少な目です。0歳児に目立ちます。

4.    夏ばて、気候変化についていけない、等でじんましん、腹痛等体に不調をきたすケースがあります。

5.    花粉症は秋の雑草花粉が出はじめています。

6.    新型コロナ感染症は少数出ていますが減っている印象です。

 

新型コロナは1日数名出ていますが減っています。

 

新型コロナの症状は2日程度の発熱、その後咳が少し出る程度が標準的です。小学生は初日2日目はだるそうにします。園児は結構元気です。夏かぜ程度の症状と考えてよいです。

 

511歳の新型コロナワクチンについての当院の考え方は当初と一緒であり、重症化予防にはなる、発症予防効果は少しある、副反応は問題視するほどではない、定期接種ほどのお勧め度ではなく70%程度のお勧め度、接種するかどうかはご家族の判断による、といったところです。

 

インフルエンザワクチン接種が間もなく開始になります。今年は2年流行がなかったため流行する可能性が高い、とのことで市や県から接種の補助が出ます。

県の補助 6ヶ月〜3歳未満

島田市の補助 3歳〜64

 詳細は県や市のホームページ等でいずれ公開されると思います。領収書等はしっかり取っておいてください。

 

現在は感染対策、適宜コロナ検査をしながらの診療です。新型コロナの検査は抗原検査で行っています。

前に戻る(ホームページ)

最新流行状況

前に戻る(予約システム)